エンドピール

エンドピールという注射治療をご存知でしょうか?

スイス20年前から行われている、たるみとりの注射治療です。

主成分はフェノール(低濃度ですからご安心を。注射時に皮膚についても何も起こりません)とピーナッツオイルです。

これと似た注射、実は痔の注射薬として日本でも認可されています。
(それはフェノール+アーモンドオイル)

ワタシの顔は痔じゃないですが・・・[:プシュー:]

イデバエもそうですが、顔に針を刺すのが大好きになってしまった、
マッド[:汗:]美容皮膚科医です・・・。

さて、エンドピール、
おでこは想像を絶する痛さで「もう二度とやるまい」と思った私ですが、フェイスラインとあご下のたるみに関しては、
痛みもほとんどなく、腫れることもほとんどなく、
すっかり「定期注射」となりました。3ヶ月に1回やります!![:拍手:]

ピーナツアレルギーの方はできません。
また、人によって腫れは個人差があるようです。

また、欧米では1度の注射で8ヶ月持続、との報告がありますが、
私の経験では、持続は3ヶ月ですね。
しかし、手軽な注射でここまでたるみがすっきりするなら、
わたしはやりますよ!![:!:]

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

イデバエ結果出てます!

うちのクリニックでも始めたイデバエ注射!
患者さんにも「ハリ」が出てきたとおっしゃる方、
法令線がかなり薄くなった方、続々と結果が出てきています。
皮膚の色もきれいになり、赤みが薄くなってきた方もおられます[:拍手:]

やはり、イデベノンが抗酸化剤として
皮膚の健康にかなり積極的に
働きかけてくれるようです[:YES!:]

今まで、法令線にヒアルロンを注入していたスタッフも、
イデバエ4回で、ほぼ法令線がなくなっています。
そして小顔効果も高く、
きゅっと顔の下半分が引き締まっています。

うれしい![:ラブ:]

ここまで効果があるとは、実際驚きでした。

美容医療の中には、かなり個人差のある治療もありますが、
このイデバエ注射はどんな人にも効果が出ますね。

4回を終えた患者さんも、ずっと続けるとのことです。

わたしももちろん続けますよ??![:嬉しい:]

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

肝斑のお手入れ

みなさん、肝斑についてはお悩みのようです[:しょんぼり:]

肝斑を治すには医療の力が必要です。
単なる「美白スキンケア」では、残念ながら治りません。

まず、トラネキサム酸の内服。
そして、トラネキサム酸の塗り薬。

上の二つは基本です[:聞き耳を立てる:]

トラネキサム酸での治療を軸に、ケミカルピーリングを加える。

これもかなり有効ですが、
化粧品に入っている「AHA」「グリコール酸」レベルではダメのようです。
なぜなら、一般化粧品のAHAは「濃度は低くPhは高い」から。
化粧品というものはマイルドに作ってあるものなので、
市販レベルで何の刺激もなく使える「ピーリング系」のコスメは、
まったく役不足と言えるでしょう[:悲しい:]

病院でやってもらえる、サリチル酸マクロゴールのピーリングがベストです[:病院:]
(赤くもならないし、肌のハガレもほとんどありませんから)

しかし。

病院に通うだけでは肝斑は治りません。

スキンケアがまちがっていれば、月に1回病院で治療しても、
残りの29日間が足を引っ張ってしまいます。

おうちでのお手入れ・・・・

洗顔も化粧品でのお手入れも、やさしく、ふわふわと。

絶対にこすったり、パッティングしたり、
コットンを使ったり、マッサージしたり、
エステに通ったりしてはいけません!!
オイルクレンジングも厳禁です!![:プシュー:]

ミルク系かジェル系のやさしいクレンジング剤でなでるように化粧を落とし、
弱酸性の泡で出る洗顔料で、これまたなでるように洗顔。

少々の汚れは残っていてもいい!!
ぐらいのやさしさで洗ってください。

(だいたい、肝斑の人は汚れを落とそうとしてこすりすぎるために、
どんどん肝斑を悪化させていることが多いのです)

化粧水は弱酸性。
手のひらを押し当てるようにそうっと化粧水をつけます。
その後のクリーム類も「塗り込ん」ではいけません!
ふわーっとなでればOK[:イケテル:]

お手入れは、やりすぎてはダメ!です。
お肌を触りすぎては肝斑は治りませんよ。

ちなみに、トランシーノは本当に効きますから、
トランシーノが効かないと思っている人は、お手入れ方法を「やさしくふんわりそーっとそーっと」
に変更してみてくださいね[:拍手:]

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ