美容皮膚科の選び方(2)

さらに信頼できる美容皮膚科医としては、
「皮膚科」をメインに習得した医師であることが重要です[:ニコニコ:]

「皮膚科専門医」をとっている先生であれば安心です[:ラッキー:]

「皮膚科専門医」をとっている医師は「皮膚疾患」のスペシャリストです。
一部の「シミ」は「悪性疾患」とまぎらわしい形状をしています。
そうしたものをきちんと見極め、美容治療が必要なのか、
疾患治療が必要なのかを判断してくれます[:見る:]

あるいは、「皮膚科専門医」でなくとも、「皮膚科」をきちんと習得した医師なら、
「悪性疾患」を少しでも疑えば、きちんと他院を紹介してくれます。

「今、使用している化粧品を尋ねてくれるか。
スキンケア方法を詳しく聞いてくれるか」
というのもポイントです。

1ヶ月に1?2回、クリニックで美容治療を受けても、
残りの29日間、まちがったスキンケアをしていては治療効果は現れません。
スキンケア指導をしてくれる医師かどうかを見極めましょう。

「資生堂」は知っているけれど、
「アルビオン、コスメデコルテ、イプサ、ポール&ジョー」あたりのコスメブランド名を伝えても
ちんぷんかんぷん[:たらーっ:]の先生は、ちょっと「美容皮膚科医」としては弱いかな、という感じがします。

現代の美容全般にアンテナを張り情報を集めていると、
そうした患者さんの「好み」を聞くだけでも、
患者さんが求める「美肌のイメージや期待度」が読めるはずなのです[:拍手:]

最後に「医師やスタッフ自身が自院での治療を率先して受けているか、
医師やスタッフの肌がきれいか」というのも大切なポイントです。 
 

「美容皮膚科」の医師が「ちょっと待った!肌」だと、患者さんも不安でしょう。
医師自身もきちんと美肌治療をしているべきです。
また、スタッフも「クリニックの顔」。
医師に聞きにくいことでも、スタッフになら聞きやすい。
そうしたときにスタッフ自身も治療を受けていれば、生の体験談を聞けるわけです。

私や、私のクリニックのスタッフは、常に何らかの最先端治療を受けています。
よりよい治療法を見つけるために、日々、おのれが実験台[:病院:]なのです。

(なので、私やスタッフが常に「美肌」とは限りません。
治療中の真っ赤な顔、ばんそうこうだらけの顔で診察にあたることもあります。
そういう時は、必ず「○○の治療中で、汚い皮膚でごめんなさい」とお伝えしてから診察に入るようにしています)

(これを書いている現在、まさに「汚い皮膚」をしています。ぼろぼろ・・・)

以上の3点もクリアーしていれば、
あとは医師と患者さんの「相性」次第です。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

美容皮膚科の選び方(1)

美容皮膚科と言っても、まだまだ新しい分野です[:ピピピ:]

「皮膚科・美容皮膚科」という表記もあれば
「美容形成外科・美容皮膚科」
という表記もあります。
「美容皮膚科」のみのクリニックもあります。

[:見る:]

1. まず、医師が常勤しているか。
クリニックが開いているときに必ず医師がそこにいるか。
あってはならないことなのですが、
医師は週に2回だけ来るといったようなクリニックもあります。
それでは、せっかく「クリニック」を選んだ意味がありません。

2. 医師自身が治療内容を説明してくれるか
クリニックによっては「カウンセラー」と称する
無資格者に説明をさせているところもあります[:ムニョムニョ:]

3. 医学的な施術は「医師」あるいは「看護師」がおこなってくれるか。
ケミカルピーリングやレーザー脱毛などは、医師が行うか、医師の監督下で看護師が行います。
きちんとしたクリニックでは、クリニックで勤務している人間は名札をつけています。
「医師○○」「看護師○○」「受付○○」「エステティシャン○○」など。

いいかげんなクリニックでは、
「受付」として勤務している無資格者がレーザー照射したりしています。[:唖然:]

以上の3つは最低条件です。
次回は、より信頼できる医師を見極めるコツをお教えします。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

「表情筋トレーニング」でしわ・たるみはどうなる?

 答えは、「いっそう、しわになりたるむ」です[:冷や汗:]

「笑いじわ」、よく笑うことでできますね[:楽しい:]
「よく笑う」、すなわち「よく表情筋を使っている」ということです[:しょんぼり:]

また、つねに眉間にしわをよせていると、どんどんしわが深くなっていきますね[:悲しい:]

それも同じ、眉間の筋肉を使い続けている(=きたえている)から発達するのです。

しわ・たるみを予防するには、「よけいな動きをしない」ことに尽きます[:拍手:]

TVで見ていても、大きな口を開けて「がははは」と笑う女優さんは、やはりしわが多いですし、
あまり表情を変えずにお上品におすまししている女優さんは
しわが少ないです。

また、食べるときのくせ(左で噛む)などがあると、くせがある側にしわが深くなっていきます。

昨今の若者はあごが細いですよね。
以前よりも固いものを食べなくなったせいだと言われています。
つまり、「使わなければ発達しない」のです。

私は無表情に過ごして、しわ・たるみを予防しよう、
と提言するつもりはありません[:プシュー:]

人間だけに許された、この活発な表情によるコミュニケーション
(ただ「笑う」、だけじゃなくて「泣き笑い」
「目が笑っていない」「苦笑」など、「笑う」という表情だけでもいくつものバリエーションを持ちます)、
すばらしい文化だと思います。

毎日生活する中で、まわりの人々とコミュニケーションして表情を作る、
あるいは仕事の都合で目を酷使する、などでしわができるのです。

それをわざわざ「表情筋トレーニング」で追い打ちをかけなくてもいいと思うのです[:ムニョムニョ:]

するめをかむだけでも、表情筋トレーニングになっているのですよ。

「表情筋トレーニング」が不要であるのと同じく、「手で行うマッサージ」も不要です。
また「塗り込む」も名前を変えた「マッサージ」、
あるいは「こすり行動」です。

化粧品はふんわり肌にすべらしてつけるだけでじゅうぶんです。

「岩塩」でマッサージされている強者もおられるようですが、
岩塩はアルカリ性であることが多く、
また、スクラブとして肌を削りますから私は反対です。

流行中の強めの顔マッサージ、
一時的には筋に刺激を与え収縮させるので
即効性の「小顔効果」はあるかも・・・。
しかし、10年後はどうでしょうか[:唖然:]

全米皮膚科学会でおもしろい報告が発表されました。
一卵性双子姉妹(当時38才)の片方のみ、
13年間ずっと定期的に「ボトックス治療(=筋を動かなくさせることでシワをとる)」を受けてきたそうです。
そしてもう片方は、13年間でボトックス治療歴2回のみ。
13年後のふたりの「差」はいかに[:!?:]

なんと「親子」に見えるほどの差だったそうです[:桜:]

ボトックスを打ち続け、表情筋の収縮を抑えることの安全性と、
長期的な老化防止対策になることが証明されたのです。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ