エラボトックスとピアス

ますますエラが小さくなって、困ったことがひとつ・・・。

今まで持っていたピアスが似合わない❗❗

今までは丸顔を隠すために、
長くてユラユラ揺れるタイプのピアスや、
大きなわっかのピアスをしていましたが・・・㊙

小顔になって顔の下半分が小さくなってしまったので、
今までのピアスをつけると、「面長」が強調されてしまいます!!
がーん😱

こんなことで悩むとは思ってもみなかった
マッド美容皮膚科医RITSUKOです。

まさか、丸顔一筋うん十年が「面長」で悩むとは・・・

「面長」って老けて見えますね・・・💦

それを助長する「長くてユラユラ揺れるピアス」・・・
しばらくお預けです。

丸顔も捨てたもんではない、
と今になって思うお年頃。

エラボトックスでの小顔も捨てがたいですが、
若く見えるなら丸顔の勝ち、ということを実感しました。

さて、3ヶ月後も私は懲りずにエラボトを打つのかどうか⁉

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

化粧品に必要な成分って?

いろんな化粧品があふれていますが、
基本的に必要な成分は、ビタミンA系統、ビタミンC、ビタミンEです👍

私はエンビロンのデスモンド先生❤の講演などでよく勉強するのですが、
(この間の学会では講演後にずうずうしくも質問しに行きました)
先生もビタミンA、C、Eが、お肌のアンチエイジングに対する「エース=ACE」
だとおっしゃっています。

私も大賛成❗❗

ただ、日本人(アジア人)の肌に合うように作るのが大切!
特にビタミンA系統は、アジア人の肌には強すぎて、
効果の出る濃度で処方すると、肌荒れして使えない💦ことが多いのです。

そのACE以外で、何が次に必要か、と考えると、「ホルモン」だと考えています。

もちろん、ホルモンのたっぷりある若い肌には不要ですが、
35才以降?40才前半、45才以降には、
あるホルモンを含んだ化粧品を使うことがきれいな肌を保つ秘訣なのでは、、、と💇

35才以降?40才前半では、少々老化が始まり乾燥しはじめますが、
かといって、にきびができることも時にあります。
ですから、にきびは作りにくい(生理前のにきびなら抑えてくれる)、
女性ホルモン系統の入った化粧品。
(もちろん、化粧品レベルですから、内分泌に影響するほどの量は入れられません。
あくまでも肌を改善する程度のホルモン量)
(女性ホルモンそのものでなくても、植物エキスで女性ホルモン的働きをする、
プエラリア・ミリフィカなどもよさそうですね)

45才以降では、「がくん😖」と肌の調子が落ちることがあります。
こういった年代では、女性ホルモンのみならず、
男性ホルモンや各種ホルモンが低下していますから、
総合ホルモン(マザーホルモン)のDHEAを含んだ化粧品。
(しかし日本では認可されていません。
クリニック調合の医療用化粧品でのみ可能でしょう)

ああ、いっぱい化粧品のこと研究したい❗
と勉強欲が次々にわいてきます📖

そうそう、デスモンド先生に
「エンビロンではビタミンAとして、パルミチン酸レチノールが主に使用されていますが、
レチノイン酸トコフェリルの方がより強力で、かつ刺激感は少ないのではないでしょうか」と質問したのですが、
「レチノイン酸トコフェリルもよさそうだけど、ぼくはまだ詳しくない」
とお答えをいただきました。

デスモンド先生はパルミチン酸レチノールに惚れておられるみたい。
でも、そういった「この先生はこの成分で行く!」というのが、
大切でおもしろいところだと思うのです。
デスモンド先生の「芯」というか。

私の「芯」もぶれないように進んで行きたい❗
大いに、研究欲を刺激された講演でした!!

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

毛穴ケアのまちがい

先日、「鼻の毛穴の開き👀」が気になるという患者さんが来られました🏥

確かに、鼻だけが「いちご」のようになっています。

しかし、頬のあたりはとてもきめ細かくキレイ。

細かなそばかすもありますが、
そばかす肌って、美肌の代名詞なんですよ👍
そばかすのあるお肌には共通点があって、
「抜けるような透明感」「色白さん」「目の下のクマが目立ちやすい」「乾燥肌」です。

そして、そばかす肌は遺伝しやすいので、
たいていの方に聞くと、お母さんや姉妹にもそばかすがあります。

なぜ、今回来られた患者さんの鼻だけが「いちご状」なのか・・・。

本来の「そばかす肌」ではありえない、
鼻だけが「他人のお肌」みたいな感じなのです😔

ご本人に過去のスキンケアを聞いてみたところ、
高校生時代に「鼻用はがすパック」をずっとしていたとのこと。

そのせいで、治療がかなり困難な「いちご状」のお鼻ができあがってしまったのでした。

毛穴をケアするには、荒っぽいケアをしてはいけません。
逆効果😫です。

目立つ毛穴は、こすりすぎ、パックのしすぎ、洗いすぎで、どんどん痛み、
毛穴周囲の角質がそぎ落とされて、いっそう「すりばち状」に削られていくのです。
どんどん「毛穴の面積」が拡大していきます。

鼻も頬も、やさしくふわふわの泡で洗うこと。
ビタミンCビタミンA類のコスメで、
コラーゲンを増やし、毛穴を引き締め、肌再生を図りましょう。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

ボトックス経過報告と顔プラセンタ注射(また自己打ち!)

すみません・・・。

またも、自分の顔にブスブスと注射をしている
マッド美容皮膚科医RITSUKOです💦

ボトックスエラがなくなり、かなりの小顔モードです😀
(期間限定ですがね・・・💦)
(この期間限定こそが楽しいとも言えます😝)

あごボトックスは、ちょっと「違和感」がありますが、
まぁこれも期間限定ですから、よしとしましょう。

しゃべり続けるとちょっと疲れてきます。
まぁ、私はしゃべり続けるのが仕事なので、
ちょっと特殊かもしれませんが・・・。
疲れてくると話すときの表情が「腹話術チック」
になるんです。
あごから下がパクパク開く、というか。

あごの見た目はすっきり梅干しゼロ状態なのですが、
私はこの違和感と梅干しなら、梅干しをとりますね。

なので、次回からは、あごボトックスはヤラナイでーす。

エラボトックスは噛むのが少々疲れますが、
これはそんなに違和感を感じないので続けるかもしれません。
あくまでも「咬筋」を萎縮させるだけなので、
骨格によるエラのハリには効果がありません。
横顔のカタチは一切変わりませんね。

しかし!正面はかなり変化あります!
いくら「骨格エラ」だとしても。

私、骨格によるエラもありますが、
「咬筋」を小さくするだけで、
正面からはかなり小顔になりました。
自分でもびっくらほいです😮(死語)

ただ、たるみがかなりある方だと、
咬筋のボリュームがダウンすると、
たるみが目立つ可能性もありますので要注意⚡

そして、またまた❗❗

顔専用のプラセンタ注射を自己打ち開始しました!!

これは、筋肉注射など用のプラセンタではなく、
顔の皮膚専用に作られているので、
従来のプラセンタ注射薬とちがい、
プラセンタの分子量を小さくしてあります。
分子量が小さいということは、
皮膚になじみやすい、痛みが少ない!!
というメリットがあります🏥

もちろん、従来の医薬品プラセンタと同じく、
ヒトプラセンタを使用し、
かつ厳密な選別、滅菌を経て作られています🏥

わたしゃ、やることはマッドですが、小心者なので、
確実に安全であると調べきってからしか、飛び込みません❤

顔専用プラセンタ、何度か試してみたらまた報告しますね。
(・・・って誰か待ってるのかしら、報告・・・😅)

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

顔のメソセラピー注射

本日はメソセラピーのお話です。
と言っても、体の部分ヤセではなく、お顔の部分ヤセです!!👏

フォスファチジルコリンという、大豆由来の脂肪溶解成分を含んだ注射を、
顔に片側1ccずつ、点々と打っていきます🏥


部分としては、口角横の「ブルドッグ」がベストです🐶

針を刺して薬液を注入するときの痛みはそれほどないのですが、
薬液が入ってから10分後くらいから、じんじん痛んで😖きます。

だいたい2時間くらいの痛みのあと、
がくん、と痛くなくなります😊

これを計3?4回やると、口角の横がすっきりになります。
かなりおすすめの注射治療です。

しかし!!10日くらいは「四角い顔」になりますから要注意❗
かなり腫れるんです・・・💦

あご下に打つのもおすすめです。
かなり小顔になり、フェイスラインもすっきり😊

ただ、この治療は「後戻り」がききません。
溶けた脂肪は復活しないからです。

ですから、やりすぎは絶対ダメ!
信頼できる医師のもと、デザインをきっちりと行い、
「ここまでやせる」という目標をしっかり持って
やりましょう!

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ