APPSかVCIPか

昨日、美肌道にお問い合わせがありました😀

APPS(=最新型ビタミンC)を塗っていたら
VCIP(脂溶性ビタミンC)は不要なのではないですか?
とのご質問です。

よい質問!!👏

APPS、確かにすばらしいビタミンCです。
肌の奥へと届きますし、肌の奥へ届くスピードも速い❗
しかーし!
APPSには長所が多いのですが、欠点もあります。
高濃度にすると泡だってしまう、という点と、
高濃度にすると肌に刺激感を与えてしまう、という点です。

また、分解が早いという点もあります。

(製造側としては、小ロットで生産せねばいけません。
ふつう化粧品は3年程度は変質しないよう作るのですが、
APPSの化粧品は3年放置することは不可能です。
常に新鮮なAPPS化粧品を少しずつ作らなければいけないので、
製造販売側としては大変です)

脂溶性ビタミンC
(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル=VCIP)
は、高濃度でも肌に刺激を与えることは
あまりありません。

(ビタミンC自体で刺激を感じる人を除く)
VCIP100%というオイルをそのまま肌につけても大丈夫なのです。
なので、ビタミンCを高濃度で肌に導入したいというときは、
VCIPに軍配が上がります。

また、VCIPには、
水溶性ビタミンC(よくあるビタミンCローション)や、
両性ビタミンC(APPS)とは異なり、
長時間肌にとどまる(48時間程度)という特徴もありますから、
ゆっくりじっくり効かせるにはVCIPも捨てがたい素材なのです🏥

あまり多くの化粧品を使いたくない方は、APPSのほうがいいでしょう。
しかし、日焼けするとすぐに赤くなる人や、少しの日焼けでそばかすが悪化する方、
にきびができている人などは、
常にビタミンCを肌にとどめておけるVCIPの効力も捨てがたい訳なのです。

また、VCIPは非常に安定した成分で分解されにくいですから、
長期の保存も可能です。
その点も長所です。

最新型の材料だけではなく、従来の材料にもまだまだ魅力があるんですよ。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

ヒアルロン酸分解注射

ヒアルロン酸注射のでき具合が
どうにも気に入らない、
ふくらみすぎてしまった、あるいは、
デコボコになってしまったとき、活躍する注射!

それは、ヒアルロン酸分解注射
(ヒアラーゼ、ヒアルロニダーゼ)です❗

マッド(あるいはマゾ)美容皮膚科医RITSUKO😮
としては、ぜひぜひ自分で試してみなくてはいけません。

まずは、しもぶくれちゃんになるように、
口周りにぶっくりヒアルロン酸を注射😙
1ml全部、注射してしまいました👏

さてさて、翌日までこの状態を放置したら、
ヒアルロン酸分解注射へゴー!

100iu/mlの濃さに調節したら、
気になる部分に少量ずつ打っていきます。
0.025mlずつくらいが適当です🏥

本当に数時間でみるみるうちにボリュームダウン。
ヒアルロン酸が分解されているのを実感します。

1日後、まだヒアルロン酸を減らしたいと思ったら、
さらに、追加注射!!

だいたい、2回くらいでなくなりきりますよ❗🏥

ただ、このヒアルロン酸分解注射は、
一回に大量を注射してはいけません。

人間の肌にも「ヒアルロン酸分解酵素」が
もともとあるのですが、
この酵素が働きすぎると、乾燥肌になったり、
老化を呼んでしまうのです。

ですから、大量に打ってしまうと、
肌の老化を促進してしまうことになるんです。
(自分の肌にもともとあったヒアルロン酸まで
分解しちゃうんですよ😖)

あくまでも、注入したヒアルロン酸だけを
分解するように、
少量ずつ、少量ずつ、注射しないといけません。

また、この注射が分解できるのは、
純粋なヒアルロン酸だけですから、
アクアミド、ダーマライブ、アメイジングジェル、
スーパーヒアルロン酸
のような、
ヒアルロン酸以外の物質が入っているものは分解できません。

また、ピュラジェンも分解されにくいことがわかっています。

私のしもぶくれちゃんは、
みごとに3日後には、もとの輪郭に戻りました。

っつうか、このレポートは誰かのタメになるのであろうか?

タメになった!という方はポチッと↓↓↓
ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ