飲む日焼け止め?

敏感肌のみなさん、日焼け止めはどうしていますか?

日焼け止めには、紫外線散乱剤のものと、紫外線吸収剤のものがあります。

敏感肌用には、紫外線散乱剤のほうがやさしいと言われてきましたが、
その肌に優しい日焼け止めにさえも、アレルギーを起こす方がおられます。

また、紫外線散乱剤は肌にやさしいゆえに効果も少し低めです。

なので皮膚の敏感な方は夏になると、
すぐに赤くなったり、日焼け止めで肌荒れを起こしたりしてしまいます。

対策としては2つ。

UVカット効果があって、涼しい素材の長袖のパーカを常備。
「UVカット 涼しい パーカー」で検索するといっぱいヒットします。

その次に試したいのが、最近出現した飲む日焼け止め
スペインの「ヘリオケア」です。
日本では、美容皮膚科のクリニックで販売されています。

ヘリオケアにはいくつか種類がありますが、
私は「ヘリオケア ウルトラD」を試しています。
(一番濃度が濃くて、ビタミンDも入っているもの)

紫外線で皮膚が傷むのを防止してくれます。
飲んでから4?6時間、赤くヒリヒリする日焼けをストップしてくれます。

もちろん皮膚に合う日焼け止めがあるならそれを塗り、長袖も持ち歩き、
その上でヘリオケアも飲むこと。

ヘリオケアだけで済ませようというのはNGですよ。

しばらくヘリオケアを試して、効果をまたご報告しますね。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)