アトピー改善に関する発表(日本皮膚科学会)

みなさん、こんにちは。

今日は、日本皮膚科学会であった「アトピー改善」についての発表を、
簡単に解説したいと思います📖

カリフォルニア大学のピーター教授の講演から。
(ピーター先生は「皮膚のバリア論」専門の先生)

「皮膚バリアが破壊されている」のがアトピー性皮膚炎です。
(ちょっとした刺激にも反応するくらい、皮膚のバリアが弱い)

今までは痒みを抑える治療(ステロイド)が中心でしたが・・・。

皮膚バリアさえ修復してしまえば、
刺激に過敏反応することもありません。
ですから、アトピー改善には皮膚バリアを修復することが一番!なんです。

フィラグリン蛋白、とか、専門用語は横におきますね。

皮膚バリアの修復のためには、
1.肌の酸性環境を保つこと
2.脂質の状態を正常化することが重要

とのことです。

1.肌の酸性環境を保つためには、「アルカリ性の石鹸を使わないこと」が一番。
具体的に言うと、固形石鹸の多くはアルカリ性です。
アトピーの方、肌の弱い方は徹底的に避けてみてください。

私は以前から、患者さんにこちらをおすすめしています。
ピーター先生の意見に大賛成。
キューピー泡ソープ(全身用)洗顔にもおすすめ♪

   私は、白い固形石鹸が売られているのを見るたびに、
「皮膚科の敵!患者さんの敵!」と思うほど・・・。

   私もこの2週間、固形石鹸使ってたら荒れました。
(もらいものが残っていた・・・)

肌がアルカリ化すればするほど、
皮膚のバリアは壊れていきますよ・・・。


2.脂質の状態を正常化する
には、
セラミド、脂肪酸、コレステロールといった脂質を与えること」。

セラミド、脂肪酸、コレステロールを自然の割合に近い1:1:1の割合で使用するのが大切だとのことです。

セラミドの重要性は以前から患者さんに伝えていたのですが、
脂肪酸やコレステロールとの割合については初耳。もっと勉強します・・・。

以上をまとめると、
固形石鹸をやめ弱酸性のソープを使いましょう。
セラミドを塗りましょう
(今のところ簡単に手に入るのはセラミドですから)

ですね。

以上は、ピーター先生の講演を待つまでもなく、
皮膚科の先生がいつも患者さんに指導されていることだと思います。
ピーター先生は、こうしたスキンケアを分子生物学的に研究されています。

みなさんにわかりやすいように、分子生物学的な説明をはしょってしまったら、
ピーター先生がふつうの皮膚科の先生みたいになってしまった・・・。

ピーター先生ごめんなさい。

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ