肌断食・・・

こんにちは。

肌断食という言葉に遭遇して調べてみました・・・。

結論は・・・
そんなことしなくていいです。

肌断食としてよく見るのはこんな方法かしら。
1.洗顔剤を使わずぬるま湯だけで洗顔。
2.そのあと何も塗らない。(乾燥するときはワセリンだけ塗る)
3.3日間くらいノーメークか薄いメークのみ。

上の方法は、皮膚が何かにアレルギーを起こしているときとか、
美容医療の治療(ピーリングとかレーザーとか)をしたあとには正しいと思います。

要するに「刺激を与えるな」ってことですからね。

でも、普段は皮膚が傷むようなケアをしておいて、
たまに肌断食でリセット、という考え方は間違っているような気がします。

寝ている間に、皮膚は自分で良質な皮脂を分泌します。
朝ぬるま湯だけで洗顔すると、その皮脂を落としすぎないことになるので、皮膚は潤うんです。

肌断食で皮膚がきれいになった、という人は、
肌断食をするのが向いてるのではなくて、
皮脂を落としすぎずに潤いの膜を保てたからだと思います。

だったら、普段からそうしましょう。
たまに、じゃなくて・・・。

赤味が出ていたり、ニキビがある人で、
「肌断食をしたら皮膚が治ったよー」という人は、
肌断食をしたあと、いつものスキンケアをひとつずつ変えていきましょう。
何を塗ったら赤くなるのか、何をしたらニキビができるのか。
ファンデを使うとニキビができるなら、ファンデを変えてみたり、
洗顔すれば赤くなるなら、もっとやさしい洗顔剤をさがしたり。

原因を解明しないで肌断食だけ繰り返しても、
長期的にみると、皮膚はどんどん傷んでいってしまいますよ。

何も塗らないのが正しいのではなくて、
「顔にあまりさわらない」というのが正しいだけ。

一般的に日本女性のスキンケアは激しすぎるのです。
クレンジングのあとダブル洗顔。
あるいはスクラブ、ゴマージュ、自宅ピーリング、マッサージ。
タオル蒸し。冷水パッティング、コットンパッティング。
自分の手のひらでパッティング。美容ローラーでぐりぐり。

化粧品は手触りや香りもうっとりするものが多いし、
瓶などのデザインもかわいいし、
いろんな美容法がテレビなどで紹介されるし、
エンターテインメントのひとつになっていますよね。

でもそれに参加しすぎて、お肌が悲鳴を上げていませんか?

顔の皮膚にはあまりさわらず、
汚れを必死に落とさず、適当に洗顔し、
必要な成分を与える。
これだけで皮膚はきれいになります。

なので、肌断食みたいに、オーバーなことをたまに行うのはあまり意味がありません。

いろんな美容法に手を出した方ほど、
「きれいな皮膚になりたいのですが・・・」と言って、
美容皮膚科に駆け込んでこられます。

みなさんおちついて、冷静に。

規則正しい食事と同じと考えましょう。

家では、栄養のある食材をまんべんなく摂取し、
たまにレストランで豪勢なお料理をいただくのと同じように、
家では、正しい洗顔とお肌に合う化粧品を毎日塗り、
たまに、美容皮膚科で(エステじゃないですよ)ケアしてもらう

これでオールOKです。

30代に突入した方には、朝はぬるま湯だけの洗顔をおすすめします。

美容ローラーでぐりぐり、からも早く撤退したほうがキレイになれますよー。👂

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

[:聞き耳を立てる:]

6 Replies to “肌断食・・・”

  1. 「肌断食」で検索してココに来ました。
    肌断食って一旦始めたらず?っとと言うことで、たまにしかしないとか、時々しかしないというやり方は知りませんでした。
    ようするに、普段の毎日するスキンケアが肌断食だと。

    私はまだ始めて2週間ほどで、本を1冊読んで、肌断食の相談掲示板を2?3個読んだだけですが、そのどれにも「3日間位する」とか「たまにする」「肌断食を繰り返してするもの」と書いてあったのは無かったです。
    自分のスキンケアを、その肌断食に移行するという話しか。
    もちろん挫折して、元々の自分流スキンケアに戻る人も沢山いるでしょうけど。

    私は元々が基礎化粧品をあまり沢山使ってなかったので、止めてもつっぱりも少なく、辛くなく継続してますが、そういう短期肌断食の考えは知らなかったので、色々勉強してみます。

  2. 私もラザニアさんと同じで、ある一冊の本がきっかけで肌断食をしており、たまに・・ではなく一生肌断食が正しいと思っていました。というか、そうするべきと認識しており、スキンケアには少量のワセリンしかつけていません。
    それでも何の問題もないですけど・・。

    もう二週間はそうしてます。
    一度、化粧水くらいはつけた方がいいかとも思い、久しぶりに
    つけましたが、気持ち悪くて洗い流してしまいました。
    肌は人それぞれですが、あれこれ付けてシワ、シミ、タルミが
    目立つ人は沢山います。

  3. ラザニアさん、こたろうさん

    コメントありがとうございます。

    肌断食、一生なのですね・・・。

    うーん。

    美容にはいろんな考え方があるとは思いますが、
    最近の医学や薬学の進歩でいい化粧品が作れるようになったので、
    それを正しく使ったほうがキレイになるとは思います。

    もちろん肌に合うこと(荒れない、かぶれない)ことが重要ですが。

    お肌に何も塗らないと、敵(紫外線、老化、刺激)に
    立ち向かえないと思うのです。

  4. 私はいろいろサイトを見て、たまにではなく一生やるようにと思って
    2週間ですが続けてます。
    美容外科の女医さんからしたら商品を使ってもらえなくなるとかなるかもしれないですね…
    どっちが正しいとかはやった本人が決める事やし
    私はやって肌の色シミが減りといい方向になっています。

  5. こんにちは。肌断食を実践して8ヶ月になる者です。
    毛穴が目立たなくなり、シミも薄くなってきてそれなりの効果を今感じ始めていますが、色々な意見を聞きたくて検索していたら、こちらに辿りつきました。
    RITSUKO先生の肌断食の認識にちょっと間違いがあるようで、気になったので投稿します。

    >よく見るのはこんな方法かしら。
    >1.洗顔剤を使わずぬるま湯だけで洗顔。
     → ぬるま湯よりも、水か、水に近いぬるま水

    >2.そのあと何も塗らない。(乾燥するときはワセリンだけ塗る)
     → これはその通りです。

    >3.3日間くらいノーメークか薄いメークのみ。
     → 「3日間位」というのは邪道で、先生がおっしゃる通りあまり意味がないと思います。私は見たことがないのですが、それは間違った方法です。

    正しく勧められているのは、ずーっと、一生続けることで、肌本来の力が蘇り美肌が保てる、というものです。

    ファンデーションは肌に刺激のないパウダー系(クレンジングが必要ないもの)、ポイントメイクはOKだが、これも成分が優しくクレンジングが必要ないもの。
    化粧をした時のみ優しく石鹸洗顔で、普段はなるべくノーメークで過ごし、ぬるま水洗顔で、という方法です。

    >普段は皮膚が傷むようなケアをしておいて、
    たまに肌断食でリセット、という考え方は間違っているような気がします。

    そうではなく、普段から皮膚が傷むような余計なケアは一切止め、肌本来の力を取り戻そう、という方法です。

    美容皮膚科の先生が正確にこの方法を知った上でどのような感想を持たれるのか、非常に興味があります。
    是非、一度該当の本等をしっかり読まれた上で、もう一度意見を聞かせて頂きたいです。

  6. 肌断食をされていて、満足のいく結果がご自分の肌に出ているなら、あえて意見をお聞きにならなくてもよろしいのではないでしょうか。
    私は、無添加、ノーケミカルなどじっくり取り組みましたが、けしていい満足することにはなりませんでした。結局、何が正しいのかは、自分の肌に起きていることを見るしかないという結論に至りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)