石鹸洗顔、赤信号!

こんにちは。RITSUKOです。

 

最近、洗顔を石鹸で行っている患者さんがおられたので、

説教しちゃいました・・・。 :-

( 洗顔で「キュキュッ」感を求められている方、まだ多いのですね)

 

石鹸洗顔のマイナスポイントは二つ。

 

「アルカリ性」「キュキュッ」です。

健康な肌は弱酸性(pH4.5〜6.5)です。

ただでさえ敏感肌・乾燥肌では弱アルカリ性になりがちなんです。

アルカリ性の状態は皮膚のバリア機能を落としてしまいます。

↓自宅に装備しているpH試験紙で石鹸水を計ってみました。

数字の大きい方がアルカリ性です。

pH8くらいでしょうか。

 

次、「キュキュッ」はすすぎが終わって「すっきり」とは別物です。

 

石鹸が水道水と反応して、「石鹸カス」が生まれます。

その石鹸カスが肌に吸着している状態が「キュキュッ」の正体なんです。

 

洗えたつもりでも石鹸カスが残り、かつアルカリ性に傾くなんて、

いいことは一つもないではありませんか

 

朝は、弱酸性の洗顔料を選ぶか、ぬるま湯洗顔にしましょう。

(私はぬるま湯派)

ちょっと「ぬるぬる感」が残っている状態がベストですよ。