美白美容液、お目見え間近!


皆様、お久しぶりです。RITSUKOです。

新製品を開発していて、サボってました・・。ごめんなさい🙇

あと新しいブログ環境に慣れず、、、、。(言い訳)

さてさて。マルチエッセンスを超える美白美容液、開発成功‼️

APPS、最近ではVCエチルが、効果の高いビタミンCの代表です。

VCエチルが最近人気ですが、皮膚に刺激を起こしやすいのが問題でした。

今回美肌道が選んだ美白の主役は、

保湿効果もあって、皮膚に優しくかつ最強ブライトニングのビタミンC、VCーHGです。

VC-HGの特徴は3つ。

  1. 強力なメラニン抑制効果!
  2. もしメラニンができたとしても、皮膚上にメラニンを上がらせない←これ世界初!
  3. メラニンを消失させる!

これなら黒くなりようがないですよね。

このVC-HGを使ってブライトニング美容液を作りました。

材料メーカーさんに「えっ、そんな濃度で…」と、

絶句させた高濃度です。

まだまだ開発の段階なので、お目見えはもう少し先です。

少々お待ちくださいませ!

医薬部外品の『美白』化粧品って効くの?

こんにちは。

ついついブログをサボってしまうMAD美容皮膚科医、RITSUKOです。

 

今日は「医薬部外品」とそれ以外の「化粧品」の違いを明らかにしてみましょう。

 

皆さんは「医薬部外品」の方が「化粧品」より効く!と思っておられませんか?

なんとなく医薬部外品のほうが効きそう・・・。

そんなイメージかな、と思います。

でも、それは「イメージ」だけ!

 

 

医薬部外品には、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、

一定の濃度で配合されています。薬事法に定められている決まりです。

 

この一定の濃度、というのがクセモノです。

 

たとえば美白成分の代表、ビタミンC。

「医薬部外品」の場合、配合上限は3%。

化粧品の場合は、20%も可能。自由なんです。

どっちが効くでしょう?

 

でもパッケージに「美白」と記載できるのは医薬部外品のみ。

矛盾していますよね・・・。

 

医薬部外品・・・「美白」とパッケージに書ける。

化粧品・・・パッケージに「美白」という記載は不可。

 

医薬部外品はパッケージに「美白」と書ける!だけなんです。

 

私はコスメを選ぶとき、医薬部外品は避けています。

「医薬部外品」=「法律は守っているけど、効かないぜ」と読めてしまうのです・・・。

ただ、化粧品の方は「自由」なので、効かないのから効くのまで様々。

 

一番賢明なのは、「化粧品」の中から「効果のある成分」をたっぷり配合してあるものを使うこと。

 

決して「医薬部外品」が「一般化粧品」より優れているわけではありませんので、そこのところ、ご注意を!!

 

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ